HOME>YYNEWS>2007051601

愛用のギターをリペアしてみませんか (2007/05/16)

 あなたは、音に心を奪われた事はないだろうか。中学生時代、深夜放送全盛期 の頃。Simon and GarfunkelやElton Johnなど洋楽のメロディーの美しさに心を 奪われてしまった。以来、勉強なんかそっちのけで心を揺さぶるメロディーを求 め、レコード店でレコードを聞きあさり、徹夜でレコードやFMラジオを聴く青 春時代を過ごす事になる。
 物事を深く考えない私は、ある時心を揺さぶる音を自分で出してみたくなっ た。アコースティックギターとの出会いは丁度そんな頃だ。ギターなんか簡単に 弾けると思っていた私は、その奥の深さに途中で挫折する。今も中途半端にしか 弾けないのだ。そんな中途半端さで、市内のとあるスナックでアコースティック ライブをやっている。ずうずうしいと言うか、もうここまで来たらと言うか、聞 かせるテクニックは持ち合わせていないが、生ギターの音と歌声のハーモニーが 聴く人の心を掴んでいるようだ。
 愛用のギターは、かれこれ27年位のお付き合いになる。泣き笑いの思い出があ ちこちに染み付いた、非常に鳴りの良いギターで当人は結構気に入っているの だ。鳴るギターというのはテクニック関係無しに感動的な音を出してくれる、中 途半端な野郎には、ありがたいギターなのだ。
 先日、和寒在住のギター職人小田島尚人(27歳)さんとの偶然の出会から、ギ ターのリペアを決断した。岩手県生まれの彼は、道産材を使って世界に通用する ギターを作ろうと、エゾマツやイタヤカエデを使用したギター製作に没頭中。な かなか爽やかな好青年で、中途半端さが無い。さすが職人、いっぺんに気に入っ てしまった。早速いつものずうずうしさで、ギター工房に直接乗り込んでお願い しちゃったのだ。
 しばらくしてサドルの交換とギターネックが再塗装されて戻って来たギター は、職人の心が宿ったかのように非常に美しく輝いていた。美しく塗装された ネックを見て惚れ惚れ。そしてジャラーンと弾くと素晴らしい音圧で鳴り響いて くれる。「わおーーーっ」と叫びたくなる気持ち分かるでしょ。リペアでこんな に鳴りが変わるのかと驚いてしまった。もう絶対にお勧め。あなたの部屋に眠っ ている愛用のギターを、一度リペアしてみる事をお勧めしたい。生まれ変わった ギターを見て更に愛着が増し、音を聞いて再び心を奪われると思いますよ。
オサラッペのカワセミ記者)

このニュースに5段階で評価をお願いします。
1 もっと頑張れ
2 この次に期待
3 まあまあ興味深かった
4 結構興味深かった
5 とても興味深かった

評価ボタンをチェックして,送信を押してください。確認画面が表示されます。
ご意見はメールでお待ちしています。ほめ言葉歓迎します。